読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G ループロープ・インファント/1

ループロープ・インファント/1

 

『るぅちゃん、今夜は暇なの?』

『いっそがしーです』

『そうなんだ、でもこんなところ来ちゃうんだね』

『たまってるんですよー』

『へえ、じゃあさくっとやっちゃう?』

『そんなことより、かわいい先輩がいるんですよ~』

『そんなことって・・ん、かわいいって? どんなよ』

『もー、ものすごいかわいいんです』

『えっ、男子なのに?』

『じょしですぅー! 男子とかペーッ!』

『え、もしかしてるぅちゃん男子なの?』

『・・は? まえ声聞かせたじゃないですか』

『おっこんないでよー。で、美人なの? レズ?』

『そういうんじゃないですね。ものすごい人が良くて素直ですね。したいですねーレズレズしたいですねー』

『へー、写真ある?』

『・・あってもあげませんよ』

『胸でかい? 頼めばヤラせてくれそう?』

『うっわ、キモい。キックしていいですか? ん。どっちかってーと逃げちゃいそうなカンジ』

『じょーだんだよ、じゃあるぅちゃんのでいいから頂戴よ』

『写真ですか? ・・なんか使われそうだからヤです』

『使う使う、マジ使う送って。くればーふぇんりるあっと』

『ぜったいヤです』

『残念! それ使ってるぅちゃんの先輩にヤらせてもらおーと思ったのになー』

『・・勘、いいじゃないですか』

『へ? ・・で、今日はゆっくりできるの?』

『あ、今日はもう落ちます♪』

『ちょ、マジ? 俺もうパンツ脱いでるんですケド?』

 

―― るぅ が退室しました――